FC2ブログ

必殺痴漢人システム紹介~痴漢パート編@辻

某ポッドキャストではお世話になっております、サウンドの辻です。必殺痴漢人ではシステム関係にも携わっていたので、今回から少しずつ今作のシステムについて紹介していきたいと思います。

痴漢モノの製作が決まってから、本当に色々なことを話し合いました。3択では少なすぎる、選択肢では味気なさ過ぎる。かといってクリック数が増えるのは煩わしいし、システムが複雑になるのは面倒だ…そもそも痴漢ゲーとして最も重要な部分とは何か? やはり痴漢の『バリエーション』と『緊張感』だろう!

ということで、実に109パターン+αの痴漢シーンが通常のHシーンとは別に用意されています。登場キャラクターも実はもっとたくさん…もう既に雑誌では紹介されてるみたいですが、背教学園のキャラクターが『痴漢パート』や色々なイベントで出現します。

■痴漢パートの流れ~1ターン目
先ほどさらっと流した『痴漢パート』というのが今回『痴漢』をする部分にあたるのですが、実際に見てもらうのが一番わかりやすいので最近のテスト環境でプレイ動画を撮ってきました。『痴漢パート』ではどこをどうするのか実際に画面上をマウスでクリックして決定します。

画面右に並んでいる『行動アイコン』の中から手(弱)を選び、胸を選択します(ムービー中ではわかりやすいようにアイコンをクリックすることで行動を決定していますが、実際はマウスホイール等で切り替えることができるためここまでの流れはワンクリックで行うことが可能です)。カーソルが触れる場所に乗ると画面左下に部位名が表示され、部位に対して実行可能な行動をアイコンの状態から確認することができます。『痴漢パート』ではここまでの流れを1ターンとして基本的に3ターン分の行動が可能であり、1ターン目から大胆な行動を行うことはできないように制限されています。

■痴漢パートの流れ~2ターン目
1ターン目では選択できなかった手(中)が開放されます。また、同じ部位を続けて触ることで違う展開が起こります。しかし、せっかくなので今回は股間に対して手(中)を実行してみました。

メッセージ上部に表示されている少しずつ減っているメーターは痴漢しているキャラクターの『抵抗度』です。減らすことに色々な意味があるのですが…とりあえず次のターンへ。

■痴漢パートの流れ~3ターン目
全ての行動が開放されます。手に入れた道具も色々使えます。今回は手(強)で尻を選択しました。

もう滅茶苦茶です(痴漢されるキャラが)。さて、今の行動で『抵抗度』が完全に0になりました。通常、一度の痴漢で0にするのは難しいのですがテスト環境なのでなんでもあり(レベルがバラバラなのもバラ撮りだからです)痴漢へのたゆまぬ修練を積むことによっていつかは可能になるでしょう…そんなことはどうでもいいのですが、減らしきると、ちょっと特殊なイベントが起こったりシナリオに影響があったり、あるキャラクターの出現条件が立ったりします。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]